読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森大建地産で幸せな家づくり

森大建地産ではこだわりのある家づくりを完成させることができます。無垢材をつかったり、自然素材で作り上げる家は快適な住みやすい住環境を手に入れることができます。

森大建地産の『監査』はどうなっている?

欠陥住宅を防ぐためには、第三者に『管理』してもらうことが重要です。
大手ハウスメーカーの家づくりならば、下請けの工務店の施工をハウスメーカーの担当が『監査』を行います。
しかし、工務店に家づくりを頼んだ場合は管理をする側とされる側が同一の会社であるために、厳しいチャック機能が働かないという恐れがあります。
もともと地元密着型である工務店は、地元での評判を落とさないためにも、しっかりとした施工を行うはずですが、施主がそれを信じられるかは別問題になります。
今回は森大建地産の『管理』について紹介したいと思います。


■森大建地産の『監査』は国家資格認定者が行います!
森大建地産では内部検査のほかに、第三機関が認定した国家有資格者(建築士)による徹底した監査を行います。
全10回の監査工程項目の監査が行われ、もし監査時に問題が発覚すれば、不具合箇所と監査基準を満たさない箇所は是正がなされ、それもクリアしないと次の工程には進めないようになっています。
そして住まいの完成時には、現場記録審査記録書として施主さまに1冊の本にしてお渡ししています。

【全10回の監査工程項目】
・第1回 基礎底盤コンクリート打設前監査
・第2回 基礎立上り型枠施工後コンクリート打設前監査
・第3回 土台据付施工後床下地材施工前監査
・第4回 上棟直後屋根ルーフィング施工完了後監査
・第5回 構造躯体施工完了後外壁防水シート施工直前監査
・第6回 防水シート施工完了後監査
・第7回 壁、天井断熱材施工完了後ボード施工前監査
・第8回 内部造作、プラスターボード施工完了後監査
・第9回 外装施工完了後仮設足場撤去直前監査
・第10回 建物完成時監査


■現場監査記録書
完工後、施主さまに1冊の現場監査記録書としてお渡ししています。
全10回の監査工程に従い、監査記録とそのコメント、現場写真を添付。
その監査記録はクラウド上に保存しているため、建設途中の施工状況などもクリアになっています。
施主さまもリアルタイムでご確認いただけるので家づくりの過程が把握しやすくなっています。


日本にある多くの工務店では、『監査』が行われていません。
ハウスメーカーのように施工基準が明確にされていないため、現場監督や大工、職人の経験によって施工にバラつきが生まれてしまうのです。
しかし、森大建地産では現場の基準を明確にした『標準施工手引書』を導入しておりますので、その規定に基づいた家づくりを行っています。
森大建地産は自身を持って、お客様に確かな安心をご提供いたします。