読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森大建地産で幸せな家づくり

森大建地産ではこだわりのある家づくりを完成させることができます。無垢材をつかったり、自然素材で作り上げる家は快適な住みやすい住環境を手に入れることができます。

工務店の家づくりのメリット・デメリットをおさらい!

工務店の家づくりについてメリット・デメリットをお話するのは容易なことではありません。
ひとくちに『工務店』と行っても全国にある工務店はそれぞれ異なる形態をとっており、個々の工務店によって得意とする事が違うからです。
工務店の規模や経営意識によっても施主の『肌に合うかどうか』は全く分かりません。
ですから、今回紹介するのは工務店の一般論としてのメリット・デメリットだということを覚えておいて下さい。


①コスト面のメリット・デメリット

工務店で家を建てることの1番のメリットは、コストパフォーマンスの高さでしょう。
工務店は管理コストが掛からない小規模な会社がほとんどであるため、ハウスメーカーと比べてより原価に近い値段で家を建てることが可能です。
使用制限も強くないので、都市部のような複雑な方地をした土地にも柔軟に対応することができます。

しかし、土地の欠点がある場合は工務店の設計に不具合が生じる場合もあり、土地の買い直しが起こってしまう場合もあります。


②自由な設計が可能
工務店での家づくりはハウスメーカーのように仕様制限がないため、建築家が建てるような自由な家づくりを実現する事ができます。
ただし、工務店が得意とするのは設計ではなく施工のため、住まいのデザインには保守的な考えを持つ工務店が多いです。
家づくりに使用する素材は自社で使いなれている素材を持ちいることが多く、フランチャイズに加盟している工務店はその系列の制約を引き継いでいる場合が多いです。


③品質
地元からのバックアップを頼りとしている工務店は、地元の評判を落とすような行為はしないものと考えて良さそうです。
そうでなくても、工務店の前進である大工さんは、棟梁が責任を持って完璧な仕事をするという心意気を大切にしています。
またそれを裏付ける技術もしっかり身につけているため、工務店が建てた家は欠陥住宅になりにくく、手抜き工事を防ぎやすいと言えます。


④保証
施工主は、品確法によって竣工後10年間の瑕疵保証や、住宅瑕疵担保履行法によって資力確保措置(瑕疵保険への加入または保証金の供託)が義務付けられており、それはどの依頼先でも変わりありません。
また、会社によって独自の保証を付ける場合もあります。


いかがでしたでしょうか。
工務店の家づくりが何となく分かって頂けたでしょうか?
家族と長い時間を過ごす家ですから自分の満足する家を建てたいと思うのが一般的です。
工務店はそんな家づくりに長年携わってきたからこその知識と技術を持っています。
ですから、三重県での家づくりは地元の工務店である、『森大建地産』にお任せ下さい。